半島は日本の台所

長崎県

島原半島

03
ここがイチオシ!
島原半島

家族経営の農園で“お母さん”が手作り

「トマトジャム&バジルペースト」

世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」。その一部を構成する南島原市の「原城跡」付近は、大昔の阿蘇山噴火でできた粘土質の肥沃な大地が広がっています。佐藤さん一家が営む「AYAKOファーム」では、原城跡近辺の土壌条件を活かし、トマトを中心とした野菜を育てています。2018年に原城跡が世界文化遺産に認定された時期に、南島原市が特産品プロジェクトを募集し誕生したのが、AYAKOファームの「トマトジャム」と「バジルペースト」。トマトとバジルをふんだんに使用して、素材本来の風味で勝負するために、調理法は至ってシンプル。“お母さん”が、時間をかけて丁寧に手作りしています。生産量のほとんどが、市内の販売店経由で地元の人の食卓に並んでいるというので、今回はまさに隠れた名産品の“発掘”。それぞれ単品でも、合わせても使える新・万能調味料をご紹介します!

なつかしい香りのする「トマト」の果肉感を残して練り上げられた芳醇なジャム

「Mリン農法」という土づくり重視の農法で育てられているAYAKOファームのトマトは、「原城トマト」という名のブランドで、東京の大手高級スーパーマーケットなどにも卸されていた実績あり。肥沃ながら水を吸いやすく仕事がしにくい粘土質の土に、しっかり根を張りめぐらせたトマトは、酸と糖のバランスがよく、なつかしい“トマト味”が強い。種部分にあたるゼリーが少なく、実は水分を多く含んでいるため重さがあり、水に浮かべると沈んでいくのが特徴です(上記写真の上)。そんな原城トマトの皮を湯剥きし、砂糖とレモン汁だけを加えて、実を潰しすぎず、じっくり1時間ほど練り上げられて完成する「トマトジャム」。果肉感を残したジャム(上記写真の下)はほんのり甘く、パンやヨーグルトなど、朝食メニューにベストマッチします。

ピザ向けに生み出された「バジル」オリーブオイルと塩だけで整えた“純粋ペースト”

もともとAYAKOファームの佐藤さんが友人のピザ店に頼まれて生産を開始したという、バジル(上記写真の上)。その香ばしさと、2〜3カ月ほどで収穫できるようになる生育スピード感から、「これならうちで加工品にできるかも」と思い立ったそう。収穫したあと、丁寧に洗って1枚ずつ乾燥させ、オリーブオイルと塩だけを加えてミキサーにかけるシンプル製法なので、ごまかしの一切ないバジルの風味が直球で香ります。麺類、とくに素麺やカッペリーニなどの細麺とは相性抜群で、南島原市のイベントで佐藤さんたちがバジル素麺を提供したところ、大盛況だったそう。クラッカーにさっと塗って、白ワインのおつまみにするのもおすすめです。

トマト×バジルのピザソースは絶品!“私だけのアレンジレシピ”開発にトライ

AYAKOファームの「トマトジャム」「バジルペースト」はご想像の通り、混ぜて使っても絶品です。“鉄板”レシピは、イタリアンの代表・ピザ。ジャムとペーストを混ぜ合わせれば、お手軽で香り高いピザソースの完成です(上記写真の上)。スーパーで買ってきたピザシートが、外食ピザ店にも負けない味にクラスアップします。ジャムもペーストも半年ほど保つので、もうひとつお試しいただきたいアレンジレシピをご紹介。ジャムを炭酸水で割ると、「すっきりトマトサイダー」になります。朝の“おめざドリンク”や、お酒を飲まないほうがいい日の“晩酌”にもぴったり。もちろん、焼酎を入れれば…もうおわかりですよね。シンプルなだけに、可能性は無限大。アレンジレシピを発見したら、ぜひ教えてください。

  • AYAKOファーム「トマトジャム&バジルペースト」
  • ・容量/トマトジャム:約220g×2本、バジルペースト:約110g×2本のセット
  • ・保存方法・期間/要冷蔵で約半年間 ※期間内なら黒くなっても大丈夫だそう
  • ・価格/¥2,500
  • 詳細はコチラ

「トマトジャム&バジルペースト」各2本/計4本セットを3名様にプレゼント!

今回ご紹介したAYAKOファーム「トマトジャム&バジルペースト」」各2本/計4本セットを合計3名様にプレゼント。下記応募要項をご覧いただき、ふるってご応募ください。

◀︎ 前の記事を見る

見た目も楽しい「生クリーム大福」
長崎県島原半島

次の記事を見る ▶︎

「技あり! オーシャンビュー」