半島は日本の台所

長崎県

島原半島

02
ここがイチオシ!
島原半島

コラーゲン入りの雲仙市認定“茶豆味”が不動のエース

見た目も楽しい「生クリーム大福」

雲仙市の名産品のひとつが、瑞穂地区の農家を中心に栽培されている「お茶」。同市が企画した「お茶スイーツプロジェクト」の一環で誕生したのが、百花亭の「百花大福」です。つぶあんと3種類の“お茶”をブレンドした生クリームを抹茶味の“豆入り”大福生地で包んだ「茶豆」味をベースに開発→販売の試行錯誤がなされ、現在は色鮮やかな10色ほどを展開。「茶豆」のネーミングや、豆大福×クリーム大福という、スイーツ好きにはたまらない組み合わせもあり、発売当初からメディアに取り上げられ、またたく間に雲仙市を代表する銘菓になりました。個々のパッケージがポップで“ジャケ買い”の楽しさもある百花大福ですが、すべて手づくりのため1日200個ほどの限定生産商品なんだそう。雲仙市にあるお店では全種がバラ売りから販売されていますが、セットならお取り寄せもできるので、和スイーツ好きな人は気になる味をチェックしてみて。

生地の伸びにこだわり“手作り一貫”…1日200個の限定生産だから売り切れ必至

1995年に創業した百花亭が、百花大福を作り始めたのは2007年のこと。誕生以来、テレビ・雑誌などメディアでの紹介によって着々と知名度が上がっていき、誕生から数年後には、手作業ではたびたび完売欠品が起こるようになっていました。そこで専用の製造機を導入して大量生産へ…と検討したものの、断念。その理由は、生地の「ひき」でした。機械で作った生地は、百花大福の特長のひとつである「びよーん」という“伸び”を失ってしまうため、職人さんたちがどうしても納得できなかったそう。また“あん”についても、たとえば茶豆味の生抹茶クリームと小豆を混ぜ込みまとめるのが難しかったりと、手作業の工程の一部を機械に代えることができませんでした。そのため今でも手作りを貫いており、作業量の限界から全種類合計で1日約200個の限定生産商品なんです。かつては季節限定商品にチャレンジしていた時期もあるそうですが、今は手が足りず、定番の10種類ほどに注力。完売続出の人気ぶりなので、通販で予約するか、百花亭のお店で買うなら早い時間にご訪問を!

一番人気は雲仙市認定の「茶豆」コラーゲン入りで美容にも◎

10種類ほどある百花大福のなかで、もっとも人気なのは、やはり「茶豆」(上記写真の上)。1日の限定生産数200個のうち、20%にあたる40個ほどが茶豆だそう。雲仙茶(緑茶)・嬉野茶(挽き茶)・宇治抹茶(抹茶)という3種類のお茶を絶妙な配合でブレンドした、奥行きのある“お茶クリーム”と大納言小豆、抹茶味の豆入り大福生地が見事にマッチ。食べ終わったあと鼻に抜けるお茶の香りで、風味がリフレインしてクセになります。そしてこの茶豆、ただ美味しいだけでなく、美容に嬉しいコラーゲン入り。その話題性と将来性が評価され、雲仙市が農畜水産物や加工品の生産者を支援する「雲仙ブランド」(上記写真の下)に認定されています。

女性人気は苺とチョコ、そして栗…選んで楽しい“いろどり大福”をお持たせに

百花大福“不動のエース”は茶豆ながら、女性のお客さんにフォーカスすれば「幸苺」「チョコ」が人気。そしてまもなく訪れる秋には、季節柄「和栗」の人気が急上昇するそう。和菓子でありながら、10種類ほどのバリエーションを前にすれば、ケーキを選ぶのと同じようなワクワク感。選ぶときに盛り上がるので、お持たせや職場への差し入れおやつにぴったり。お取り寄せの場合、冷凍状態で届くため、出かける少し前に冷凍庫から出しておくのがベターです。ちなみに、お客さんから寄せられた“変わった食べ併せ”の声もご紹介。海水からとれた塩を混ぜ込んだクリームが入った塩豆大福の「浜塩」が、ビールのおつまみにぴったりなんだとか(上記写真)。好みは人によりけり…ですが、試してみる価値はありそう!?

  • 「百花大福」
  • ・バリエーション/茶豆、幸苺、チョコ、和栗、藍苺、珈琲、落花生、白桃、檬果、浜塩
  • ・価格/1個¥150
  • 詳細はコチラ

「百花大福」15個入りを3名様にプレゼント!

今回ご紹介した「百花大福」の15個入りセットを合計3名様にプレゼント。下記応募要項をご覧いただき、ふるってご応募ください。

長崎県島原半島

◀︎ 前の記事を見る

「雲仙デトックス」
長崎県島原半島

次の記事を見る ▶︎

「トマトジャム&バジルペースト」