半島は日本の台所

長崎県

島原半島

04
ここがイチオシ!
島原半島

幸せの黄色いハンカチに天の川、そして普賢岳

「技あり! オーシャンビュー」

三方を海に囲まれた日本各地の半島にとって、写真映えするオーシャンビューは大事な観光資源。島原半島のそれは、ただキレイな海が広がっているだけとは、ひと味違うんです。たとえば近年、大人気の女優・上白石萌歌さんがCM撮影をした無人駅は、“ホームに近すぎる海”に映える“幸せの黄色いハンカチ”がとても鮮やか。さらに、星の動きに応じて撮れる写真の“バリエーションが多すぎる”灯台に、“たたずまいが雄大すぎる”海に浮かぶ霊山など、どれも思わず「技あり!」と言いたくなるような景色ばかり。合わせて一本! で、きっと自粛明けに島原を訪れたくなりますよ。

上白石萌歌のキリンレモンCMで人気急上昇中! 目の前の青海にはためく幸せのハンカチ「大三東駅」

「キリン♪ レモン♪」と、今や国民的女優のひとりになりつつある上白石萌歌さんが口ずさむCMを、テレビやYouTubeで見たことはありますか? 2021年春に発売された商品「キリンレモン 無糖」CM動画の撮影地が、「島原鉄道(通称・島鉄)」の無人駅「大三東駅(おおみさきえき)」です。島原市にある同駅の名物といえば、なんといっても海風にはためく「幸せの黄色いハンカチ」。訪問客が駅のホームにあるカプセルトイの販売機で色鮮やかなハンカチを購入し、願いや目標を書いてハンカチ掲出用の柵にくくりつけることができるんです。島鉄の列車も鮮やかな黄色なので、ベストショットは山側のホームから、海側のホームに入ってくる列車、黄色いハンカチ、そして海に浮かぶ“対岸”の熊本県をタイミングよく収めたもの。青い海には、有明海苔の養殖場が浮かんでいるのも、お土地柄を感じられて◎。朝陽が海からのぼるときや夕陽が海に沈むときには、列車やハンカチがオレンジの陽光に浮かぶ影になって、また格別な一枚が撮れます。島鉄の方がおすすめする季節は、夏だそう。ちなみに島原港駅と諫早駅間の全長43.2kmを一時間半ほどかけて移動する列車・島鉄は、以前からひと味違うアイデアで話題の企業。大三東駅に上白石さんの立ち位置をマークした撮影スポットを作ったり、赤字鉄道会社ならではの商品を販売したり…おもしろいサービス実績がたくさんあります。青と黄色の鮮やかなオーシャンビューをゴールに、遊び心あふれるローカル鉄道に、ゆったり揺られてみませんか。

  • 島原鉄道「大三東駅」
  • ・住所/長崎県島原市有明町大三東丙135-2
  • ・推奨アクセス/島原駅で「おうみさきっぷ(黄色いハンカチ、島原駅の4時間駐車券、島原駅⇔大三東駅の往復切符のセットで¥1,000)」を購入し、島鉄に乗って3駅
  • 詳細はコチラ
  • しまてつカフェトレイン公式サイトはコチラ

水平線を灯す太陽に天の川、うず潮にイルカまで…“映えのデパート”状態の超穴場「瀬詰崎灯台」

「最近ちょっとカメラにこだわり始めました」「人と違う写真が撮りたいな」…そんなあなたに、お耳打ち。南島原市に、“最高に映える灯台”があるんですよ。それが、島原半島の最南端に位置する「瀬詰崎灯台」です。しかも、周囲に観光施設などがないので、完全に穴場。地元の人に聞くと、写真愛好家が本気の一枚を撮りに来るようなスポットで、混雑しているところは見たことがないそう。日中の瀬詰崎灯台からの眺望の見どころは、3〜6月ごろの大潮時期に見られる、ゆるやかな「うず潮」。さらに、南島原市と天草半島のあいだの海ではイルカが回遊しており、イルカウォッチングが盛んな地域。瀬詰崎灯台からイルカを見られる日もあります。時間を移していけば、岬の灯台ならでは壮大な「サンライズ/サンセット」はもちろん、太陽が沈んだあとの「宵闇」も素敵です。夜は(気候によりますが)満点の星空が広がり、七夕シーズンには空から星が流れ落ちてきそうなほど見事な「天の川」が。2020年、その美しい天の川にちなんで、カップルが幸せを誓い合う「幸せの鐘」が設置されました。そのうえ、全国的にも珍しい「グリーンフラッシュ」(地平線に沈む直前、または昇った直後に、太陽が緑色に見える現象)の観測報告も! もはや、“写真映えのデパート”状態です。島原半島を訪れたら外せない、“私だけ”の新定番スポットになりそう。

  • 「瀬詰崎灯台」
  • ・住所/長崎県南島原市口之津町早崎地区
  • ・営業時間/24時間・年中無休
  • 詳細はコチラ

海に浮かぶ“島原のシンボル”を見ながら絶品ランチ…地元を魅了し続け22年「磯料理 あじ彩」

島原半島に住む人々のバックボーンともいえる雲仙岳。頂上に向かうだけが楽しみではありません。島原半島の“付け根”に位置する諫早市の海沿いにある「磯料理 あじ彩」の窓からは、海に浮かぶ雲仙普賢岳がくっきり見えます。同店は橘湾で獲れた海産物を中心に22年間、地元密着型の営業を続ける“わが町の名店”。夜はコース料理が中心ですが、昼なら¥1,500ほどで新鮮な海鮮ランチと、晴れていれば青く輝く海にそびえる普賢岳の絶景が楽しめます。穏やかな海と悠然とした霊山を眺めながら、しばし喧騒を忘れてみてはいかかでしょう。

  • 「磯料理 あじ彩」
  • ・住所/長崎県諫早市森山町唐比西1-26
  • ・営業時間/11:00〜15:00(L.O14:30)、17:00〜21:00(L.O20:00)
  • ・休み/水曜
  • 詳細はコチラ
長崎県島原半島

◀︎ 前の記事を見る

「トマトジャム&バジルペースト」
長崎県島原半島

次の記事を見る ▶︎

「手のひらカステラ」