千葉県

南房総半島

ここがイチオシ!
南房総半島

千葉県南房総半島の美味しい特産品5選

夏は涼しく、冬は暖かい海洋性の温暖な気候に恵まれた南房総半島は、色彩豊かな花々、青く澄んだ海、緑深い山々に恵まれた関東有数のリゾート地。都内から車で1時間半程度のふらっと出かけられる距離にあり、関東近郊に住む人たちにとっては、日ごろの疲れをリフレッシュできるオアシスになっています。この地域の数ある特産品のなかから、「半島は日本の台所」編集部が自信をもって5品を厳選! JALふるさと応援隊の千葉県担当、工藤夢花さんにレポートしてもらいました。

千葉県房総半島はわたしがナビゲートします!

PROFILE

工藤夢花さん

東京都出身。2017年に日本航空株式会社に入社。客室乗務員として国内・国際線の乗務を担当する。2022年より国際線ファーストクラスの乗務を開始。趣味はスポーツ観戦、運動すること、韓国ドラマの鑑賞、食べること。実家が千葉県旭市にあり、この地での思い出は、「館山や勝浦など南房総地域へ家族で旅行したこと」だそう。「自然豊かで気候に恵まれ過ごしやすいところが南房総半島の魅力だと思います。この地域ゆかりの特産品を多くの方に知っていただけたら嬉しいです」と意欲満々にナビゲートしてくれました。

発表! 房総半島のおすすめ特産品5選

クレマカタラーナや枇杷ゼリーなどのスイーツから伊勢海老の干物や鯨のたれなどの魚介グルメまで、半島らしい素材を生かした特産品が出揃いました。工藤さんには実際にすべて試食していただいたので、そのコメントも参考にしてみてください!

クレマカタラーナ&ミルクブリュレセット

近藤牧場は、”日本酪農発祥の地”と呼ばれる南房総市にあり、のどかな田園風景の広がる川上地域は酪農に最適。自社で低温殺菌した新鮮な牛乳が、クレマカタラーナとミルクブリュレにはたっぷり使われています。


クレマカタラーナとは、スペインのカタルーニャ地方に伝わる伝統菓子。近藤牧場のブラウンスイス、ジャージー、ホルスタインの生乳をブレンドし、新鮮な卵をたっぷり使用して作ったフローズンデザートは、プリンのような味わいを楽しむことができます。この商品は2016年に「ふるさと食品中央コンクール」にて農林水産大臣賞を受賞したお墨付きのスイーツです。

ミルクブリュレは、卵の使用を少なく、自社ブランドの牛乳の割合を多くした特別製法で作られています。味や香りの出し方にこだわり、濃厚ながらさっぱり食べやすい味に仕上げました。こちらは、2018年に「南房総名品グランプリ」でグランプリを受賞した人気商品です。

「クレマカタラーナは、その食感に感動します。口当たりが滑らかで、とろけるようなプディング。食べた瞬間に誰もが驚く口どけだと思います。ミルクと卵の濃厚で、とても贅沢なスイーツです。ミルクブリュレは、甘すぎず、牛乳の美味しさをしっかりと感じることができます。ミルクに自信があればこそできる逸品だなと思いました」(工藤さん)

  • クレマカタラーナ&ミルクブリュレセット ¥5,022(送料込み)
    JALショッピングでの購入はこちら
  • ▼商品のお問い合わせ先
  • 近藤牧場
  • 千葉県南房総市二部2211 道の駅富楽里とみやま内
  • TEL 0470-57-3909

伊勢海老干物(2尾)

伊勢海老といえば三重県を思い浮かべる方も多いかも入れませんが、房州は全国でもトップクラスの伊勢海老の宝庫として知られています。千葉の伊勢海老は立派な触角と暗赤色の殻を持ち、黒潮に鍛えられて引き締まった身はプリプリとした食感が楽しめます。生の状態では鮮度を保つことが難しい伊勢海老を、獲れたての美味しさをそのままお届けするために干物にしました。


美味しさの秘密は生きた伊勢海老をすぐに加工すること。水揚げされたばかりの伊勢海老は、まず氷水で締められ、半割にした後、塩を振り干物に。このとき余計な調味料は一切加えません。干すことによって身の水分が抜け、旨味が凝縮した伊勢海老は、本来の身の甘み・旨味が十分に引き出されます。両面を5分ずつ程度焼いたらすぐに食べられますが、おすすめはミソの部分を身と絡める食べ方。ミソが濃厚なソースになって、なんとも贅沢な味わいになります。

「大きな伊勢海老が2尾も入っていて贅沢! 解凍をしたら焼くだけという手軽さも嬉しいですね。できたては、身がほくほくとしていて弾力がしっかりとしていました。塩加減が絶妙で、半島の豊かな海を感じることができる一品です。お酒を召し上がる方には、晩酌のお供にもピッタリな商品だと思いました」(工藤さん)

  • 伊勢海老干物(2尾) ¥7,340(送料込み)
  • JALショッピングでの購入はこちら
  • ▼商品のお問い合わせ先は
  • 伯東商事
  • 千葉県長生郡長生村一松甲2510-6 
  • TEL 0475-42-6911

 

鯨のたれ

千葉県南房総市は日本で4カ所しかない捕鯨基地がある地域で、鯨の刺身や竜田揚げ、握りなどの鯨料理はここならではのグルメといえます。また近年、鯨肉は健康食品としても注目されています。ビタミンAが豊富で、高タンパクで低脂肪・低コレステロールなのでとてもヘルシーなんです。


今回ご紹介する「鯨のたれ」は、千葉県南房総に江戸時代から伝わる伝統的なおつまみです。鯨の肉を手のひらより少し大きめにスライスし、醤油や塩をベースにした独特なタレで一晩漬け、それを天日で”干し肉”にします。これにより鯨の旨みがグッと凝縮するのです。軽くあぶってマヨネーズなどをつけて食べるとお酒との相性もバッチリ。噛めば噛むほど深くなる味わいを楽しむことができます。

「南房総ならではの珍味で、東京ではなかなか手に入らないものなので、オンラインショッピングで購入できるのは嬉しいですね。そのままでも美味しくいただけますが、七味マヨネーズにつけて食べると絶品。噛むほどに味わいが出てきて、一度食べるとファンになってしまいます。お酒が好きな方にはぜひ一度お試しいただきたいです」(工藤さん)

  • 鯨のたれ ¥4,914(送料込み)
    JALショッピングの購入はこちら
  • ▼商品のお問い合わせ先
  • ハクダイ食品
    千葉県南房総市千倉町白子1539 
  • TEL 0470-44-3608 

房州産びわゼリー8個入り

南房総といえば、年間を通して花が咲く温暖な地域として知られています。そのため、みかんやいちご、メロンなどのフルーツの収穫も盛んですが、この地の特産品はなんといっても枇杷。南房総の枇杷は「房州びわ」というブランドで知られており、1909年(明治42年)より皇室へ毎年献上されています。一粒一粒の形の美しさ、黄橙色の輝き、果汁の豊富さや上品な甘みは、初夏の限られた時期にしか味わえない”果物の女王”として、全国の愛好者から支持され続けています。

枇杷は、あんず・みかんに次いでビタミンAを多く含む果実。ビタミンAは目や皮膚の粘膜を健康に保ったり、抵抗力を強めたりする働きがあるレチノールを主成分にしているので、日差しが強い時期にはぜひとも摂取しておきたいフルーツです。このゼリーは、その房州産びわのピューレをたっぷり使用。びわの爽やかな甘みとぷるんとした食感を存分に楽しむことができます。

房州びわをまるごと食べているかのような果実味のあるゼリーです。つるんとした食感に、びわピューレがアクセントになっていて、口当たりの良さも楽しめます。高級感があるゼリーなので、手土産にお持ちしたらすごく喜んでいただける商品だと思います」(工藤さん)

  • 房州産びわゼリー8個入り¥4,320(送料込み)
    JALショッピングでの購入はこちら
  • ▼商品のお問い合わせ先
  • 道の駅とみうら 枇杷倶楽部
    千葉県南房総市富浦町青木123-1
  • TEL 0470-33-4611 

のこぎり山バウムクーヘン3山(2セット)

千葉県の富津市と鋸南町の境に位置するこの地のシンボル鋸山。石切場の産地でもあったこの山のギザギザの山肌をイメージして作られたのが「のこぎり山バウムクーヘン」です。このスイーツには、農林水産大臣賞受賞の君津産「菜の花たまご」と、南房総・三芳村産の低温殺菌牛乳という地元のブランド食材が使われており、深い味わいが特徴になっています。


生地作りは、ドイツ仕込みの“別立て法”という卵白をメレンゲにしてから生地に加える製法が取り入れられており、これによりしっとりとした口当たりに仕上がっています。また、17層に重なる年輪、そして特徴的な鋸型の凹凸は、すべて丁寧な手作業の賜物。確かな味と細やかな仕事が認められ、モンドセレクションで10年連続金賞を受賞する見波亭の看板商品となっています。

「しっかりとしたバウムクーヘンで食べ応えがあります。シュガーコーティングなどがされていないので、卵や牛乳など素材の味をしっかりと感じられるスイーツだと思いました。甘すぎないので老若男女問わず、みんなから愛される味です。そのまま食べてももちろん美味しくいただけますが、トースターで温めると表面がパリッとして食感に変化が生まれます。いろいろな食べ方が楽しめるので、ボリュームたっぷりでもすぐに食べて切ってしまいました(笑)」(工藤さん)

  • のこぎり山バウムクーヘン 3山(2セット) ¥3,564(送料込み)
    JALショッピングでの購入はこちら
  • ▼商品のお問い合わせ先
  • 見波亭
    千葉県富津市金谷2288 ザ・フィッシュ内 
  • TEL 0439-69-8373

 

「のこぎり山バウムクーヘン」についてはさらに詳しく取材しています!→次のページへ

 

  • 今回ご紹介する5商品はJALショッピングで販売しています。詳しくはこちらをご覧ください。

 

撮影/吉澤健太〈人物〉 取材・文/小石原悠介

◀︎ 前の記事を見る

“美味しい”大人の遠足

次の記事を見る ▶︎

「のこぎり山バウムクーヘン」17層の美味しさの秘密を潜入取材

HOT WORDS

今おすすめのキーワード

WHAT'S NEW

最新の記事

Twitter

最新情報をお届け

Instagram

とっておきグルメをお届け

about

半島は
日本の台所

ARCHIVE

「HANTO」の魅力をもっと詳しく!

日本全国に「HANTO」の
美味しい喜びをお届けします

「半島は日本の台所」

magazine links