半島は日本の台所

奈良県

紀伊半島

02
ここがイチオシ!
紀伊半島

初心者には“カレーにin”もおすすめ

やわらかくて臭みもない!猪&鹿の「ジビエ缶詰」

近年の美食ブームで“大人のたしなみ”として注目を集めているジビエ。でも、「鶏豚牛羊を食べ飽きた」「獣臭さや噛みごたえがたまらない」といった“物好き”な方だけの楽しみだと思っていませんか? そんな初心者さんも、一度食べて「もういいかな…」と感じている方も、ご注目。じつはジビエは、獲れたあとの下処理次第で、普段なじみのあるお肉に負けない美味しい食材になるんです。今回は、狩猟から加工までを「プロ」が手早く一手におこなった逸品「大峯猪&大峯鹿 ジビエ缶詰」(獣美恵堂[じびえどう]奈良 阪口商店)をご紹介。お取り寄せグルメから“ジビエ革命”、起こしてみませんか。

山々が育てた“吉野名物”の上質肉を厳選し豊富に使用…常識を覆す「猪肉&鹿肉」

猪肉
鹿肉

奈良県・吉野の山々で獲られる「大峯猪(おおみねしし)&大峯鹿」は、豊かな土壌の山林が育んだ栄養価の高い山の幸(どんぐりなど)をエサに育ち、上質な肉質をしています。とくに猪肉は、「ぼたん鍋」を中心に吉野地域に食文化として根づいており、阪口商店から近隣の天川・洞川(どろがわ)の旅館などに納品され(上の写真1枚め)、宿泊客にも評判。缶詰には、猪・鹿ともに最適な部分が厳選され、110gの製品容量に対し原料は倍近くの約200gも使用されています。

一流の猟師にして、食肉加工のスペシャリスト…「食べやすさ」は“プロ店主”の匠技

狩場
大峯猪

ジビエに獣臭をまとわせない最大のポイントは、血抜きの方法とスピード感。獣美恵堂は、一流の猟師でもある店主がみずからが獲った猪・鹿を手早くシメているため、風味損失がありません。獲物にストレスをかけにくい犬猟(上の写真1枚めが狩場)をおこなうことに始まり、臭う部位を丁寧に落とす肉の下処理工程、さらに保存方法(-60℃の冷凍庫を使用)に至るまで、常に細心の注意を払われた原料肉は柔らかく、きつい獣臭もナシ。一般的な市販品とは、圧倒的な差が生まれます。

あっさり醤油味&こってり味噌味で使いやすい「おつまみジビエ」はカレーも格上げ

おつまみジビエ
ジビエカレー

淡白な味わいで食べやすい鹿肉は、あっさり醤油味とコクを楽しむ味噌味に。適度な脂身が生む食感と“甘み”がたまらない猪肉は、コクと濃厚さを何乗にも高める味噌味に調味されています。ビールやハイボール、焼酎・日本酒にはもちろん、赤ワインに合わせるのもおすすめ。また、カレーなどの煮込み料理に加えると、ジビエ缶詰の風味豊かさが、味わい深さを格上げしてくれるんです。初心者さんはまず、“ジビエカレー”からトライするのもあり!

  • 「大峯猪 味噌味」(約110g/¥860)
  • 「大峯鹿 醤油味&味噌味」(約110g/¥760)ともに税込み
  • ※「大峯猪」「大峯鹿」は阪口商店の登録商標
  • お問い合わせはコチラ

「大峯猪・大峯鹿 ジビエ缶詰」3種セットを3名様にプレゼント!

今回ご紹介した「大峯猪・大峯鹿 ジビエ缶詰」3種セットを合計3名様にプレゼントします。以下のリンク先で応募要項をご覧いただき、ふるってご応募ください。

◀︎ 前の記事を見る

“リノベ”で新発見「第二のふるさと・奈良」

次の記事を見る ▶︎

山の水×地元味が生み出す「ご当地ドリンク」をお土産に