半島は日本の台所

奈良県

紀伊半島

03
ここがイチオシ!
紀伊半島

ビール、お茶、サイダー…本当にココでしか買えない

山の水×地元味が生み出す「ご当地ドリンク」をお土産に

山林の豊かな土壌が育むのは、、樹木や草花、動物だけではありません。源流にほど近い山地に住む人々にとっては、清らかな水も立派な資源のひとつ。山の水を活かすべく、農産物をはじめとする地元の資源をミックスさせたオリジナルドリンクづくりが、県内各地でおこなわれています。美味しいのはもちろん、注目したいのは「見た目かわいさ」。買える場所も限られているため、現地で味わうだけでなく、お土産にもぴったりなんです。今回はクラフトビール、苺の緑茶&和紅茶、そしてサイダーをご紹介!

柚子、スギ、お茶…奈良産の原料が香る“スッキリ”味クラフトビール「グットウルフ麦酒」

東吉野村

旅で訪れた東吉野村のおいしい水と空気、そして村の人たちの人柄に魅せられた醸造家・石井啓順さんが、移住を決意。2020年8月に立ち上げた、奈良県で7番目のクラフトビールブランドが「グットウルフ麦酒」です。“ビールづくりには難しい”とされるpH高めのアルカリ水質の山の水で醸造してみたところ、スッキリ嫌味のない、ごくごく飲めるビールに仕上がったそう。同村で捕獲されたニホンオオカミが最後の捕獲記録であること、ビールがグッと飲めることから名づけられた「グットウルフ麦酒」は、同村で育てられた吉野杉のウッドチップを麦汁に漬け込んだ「良狼-ROU ROU-」や、村おこしの一環で生産されている柚子を使った「ゆずビー」など、4種+限定テイストで展開中。ホームページからお取り寄せもできますが、ぜひとも石井さんの醸造所で山の空気と一緒に味わってみて!

  • グットウルフ麦酒
  • ・住所/奈良県吉野郡東吉野村大豆生145
  • ・営業時間/基本は土曜(13:00-20:00)と日曜(13:00-19:00)※訪問時はHPで営業日を確認
  • ・ビールの価格/「良狼」「黒ウルフ」「ゆずビー」各¥550、「MIPA」¥605
    ※すべて1本あたりの税込み価格
  • 詳細・お取り寄せはコチラ

県内のデザイナー集団がプロデュースした“お風呂上がりの新定番”「天の川温泉オリジナルサイダー」

天の川温泉オリジナルサイダー

天川村で新しく誕生したのが、温泉施設のひとつ「天の川温泉」のおみやげコーナー。ラベルもサイズ感もかわいい「天の川温泉オリジナルサイダー」(税込み¥231/本)は、お風呂上がりに喉をうるおす“ぷはー”はもちろん、お土産にも◎。ここでしか手に入らない“新定番”として、密かに人気を集めています。

  • 「天の川温泉」
  • ・住所/奈良県吉野郡天川村坪内232
  • ・営業時間/11:00-20:00(指定日は21時まで)
  • ・入浴料/中学生以上¥700、3歳~小学生¥300、幼児無料
  • ・休み/祝日以外の火曜
  • 詳細はコチラ

“幻の名産”をフリーズドライしてフレーバーを凝縮「洞川夏いちご」の緑茶&和紅茶

洞川夏いちご

一般的には冬によく食べられているフルーツ・イチゴですが、天川村で新名産として作られているのは、希少な“夏イチゴ”なんです。同村洞川(どろがわ)地区の冷涼な気候を生かして、ハウスで栽培されている「洞川夏いちご」は、生産量のほとんどが県内外の契約先製菓店に納品されており、地元の人でも生の果実にお目にかかれることはめったにないそう…。この“幻の名産品”の存在と味を、少しでも一般の方に知ってもらおうと、村を上げて作られた新しいお土産が「洞川夏いちご緑茶&和紅茶」。フリーズドライ加工したイチゴと県内産の茶葉をブレンドしたフレーバーティーは、生産量も少ないため、2021年8月現在、天川村でしか手に入りません。夏でも涼しく温泉もあるので、ぜひ避暑旅で訪れてみて。

  • 「洞川夏いちご緑茶&和紅茶」
  • ・価格/ともに1袋¥240、5袋入り¥864
  • 詳細はコチラ

◀︎ 前の記事を見る

やわらかくて臭みもない!猪&鹿の「ジビエ缶詰」
トップページ ▶︎