青森県

津軽半島

ここがイチオシ!
津軽半島

本州最北の内海のそばで"お気軽アウトドア"

お泊まりは「陸奥湾」で

津軽海峡・日本海とともに、津軽半島に面した海が「陸奥湾」。津軽半島と青森市、下北半島に弧を描くように囲われている、本州最北の内海です。

内海だから波も気候も穏やかで…と思いきや、6〜8月には東北名物のひとつでもある「やませ」という冷たく湿った偏東風が吹き下ろすと荒れ模様になる、気まぐれな海。さまざまな海流が合わさった津軽海峡とつながっているため、海の生き物たちにとって豊かな海でもあります。

この内海に面した「平舘」「蟹田」の2地区で人気なのは、山間部に行かずとも気軽にアウトドアを楽しめる宿泊施設。温泉旅館やホテル泊もいいですが、潮風を感じながら家族や友人たちと自炊やBBQを楽しむのも、爽やかで気持ちいいものです。

さらに、平舘の「松前街道」、蟹田の世界的観光地「大平山元遺跡」をはじめ、美食も含めた観光資源が揃っています。1泊2日を丸々かけて、ゆったり楽しみましょう!

ペット連れも可 “潮風薫る森”の宿泊施設「オートビレッジ」の近所には名物ウニ丼も

「流行っているし、ちょっとアウトドア体験してみたいけど、いきなり山奥のキャンプ場はちょっと…」という初心者にぴったりの場所が、外ヶ浜町・平舘地区にあるんです。1998年にオープンした「おだいばオートビレッジ」は海沿いのバイパス道・国道280号のそばにある、オートキャンプ場20区画と北欧風のコテージ10棟からなる宿泊施設。

中に入ると、立地条件を忘れてしまうほど静かな森にいる感覚に。海がすぐそばなので、森の中にいるのにふんわり潮の香りがする、という不思議な体験ができます。キャンプ用品の展示販売スペースにカフェが併設されている案内所「センターハウス」があるほか、コテージの1棟はペット連れ可で、広場にはドッグランも設置されているためキャンプはしてもしなくてもOK。

GW〜8月までのハイシーズンには若い世代を中心に、家族連れやツーリング客まで幅広い人たちが県内各地から週末ステイに訪れ、泊まりでBBQを楽しんでるそう。すぐ裏手には「道の駅たいらだて」や、食堂利用もできる「ペンションだいば」があるため、ご飯を作らなくても大丈夫。

特にペンションだいばのメニューは絶品で、オートビレッジのハイシーズンと同時期に提供されている「生うに丼」、通年提供でイカのゲソをミンチにした「イカハンバーグ定食」などが人気です。

また、平館灯台の近くにある「平舘台場跡」には、東京・台場と同様に江戸時代、海外からの敵に備えた砲台の跡があります。アウトドアの第一歩を、宿泊にも食事にも手を抜ける”楽ちん”施設で踏み出してみませんか。

  • 「おだいばオートビレッジ」
  • ・住所/青森県東津軽郡外ヶ浜町平舘田の沢67-1
  • ・営業/受付&多目的室09:00〜17:00、年中無休
  • ・チェックイン/コテージ15:00〜、キャンプサイト11:00
  • 詳細はコチラ
  • 「道の駅たいらだて」コチラ
  • 「ペンションだいば」コチラ
  • 「平舘砲台跡」コチラ

海の隣で”不便を楽しむ”贅沢な時間を…「観瀾山公園海水浴場」でキャンプ

まずは上の写真をご覧ください。とくに都市部にお住まいの方にとっては、とても珍しい光景ではないでしょうか。海水浴場から少し離れた砂浜や岩場に、ポツポツとテントが立っているのは見かけますが、こちらは海の目の前にずらっとテントが並んでいます。

外ヶ浜町の蟹田地区にある「観瀾山公園海水浴場」は、毎年7月中旬〜8月中旬の1カ月ほどの期間限定で利用を開放(キャンプ利用は要予約、有料)。炊事場とトイレが2カ所ずつあるだけで、売店も用具の貸し出しもない簡素なキャンプ場ですが、初心者キャンパーから本格派まで、シーズン中は平日でもたくさんの人で賑わいます。

家族連れなら、海水浴の興奮冷めないまま自炊を楽しむことができますし、最近は日頃の息抜きを楽しむソロキャンパーも増加中。また敷地内に売店こそないものの、蟹田駅から1kmほどに位置し、近所に精肉店やスーパー、ホームセンターもあるので買い物には困りません。

ここにあるのは、人里から離れることなく、遮るもののない海辺で夕陽が目線と同じ高さに沈んでいくさまを、BBQをしたりお酒やコーヒーを飲んだりしながら味わえる贅沢時間。ぜひ一度、ご賞味あれ。

  • 「観瀾山公園海水浴場」
  • ・住所/東津軽郡外ヶ浜町字蟹田中師宮本地先
  • ・営業/10:00〜16:00 ※7月中旬〜8月中旬のみ、期間中無休
  • 詳細はコチラ

ランドマーク展望台、釣り場が有名な漁港、新・世界遺産…お泊まり後は「蟹田めぐり」へ

観瀾山公園海水浴場の一帯は、舟のマストの形をした複合施設「トップマスト」「蟹田漁港」が南の海沿いに並んでいて、さながら海辺のアミューズメントパーク。

上の写真は、売店や地元で人気の中華レストランが入ったトップマストの名物、展望台に続く螺旋階段の内部です。展望台の眺めの特長は、対岸の下北半島を一望できること。また同施設内には、津軽半島-下北半島間を往復する「むつ湾フェリー」の乗り場もあります。約1時間ほどの船旅の途中、運が良ければ回遊するイルカを見られることもあるそう。

そして隣の蟹田漁港の波止場は、釣りブロガーも注目する有名な釣り場です。メバルが有名ですが、春にはカレイ・アイナメ、夏にはキス、秋にはアオリイカなど、季節によってさまざまな釣りを楽しめます。そんな蟹田地区には最近、世界的なビッグニュースが…。

2021年7月27日、蟹田地区にある「大平山元遺跡」を含む、「北海道・北東北の縄文遺跡群」がユネスコの世界文化遺産に登録されたのです! 現地では土器型のお菓子が作られたり、「むーもん」というムササビ古代種のゆるキャラが誕生したりと大盛り上がり。陸奥湾でご一泊の際は、その熱を感じにお立ち寄りくださいませ。


※価格などの情報は取材時のものです。

青森県 津軽半島

◀︎ 前の記事を見る

名産ホタテの「アヒージョ」
トップページ ▶︎

HOT WORDS

今おすすめのキーワード

WHAT'S NEW

最新の記事

Twitter

最新情報をお届け

Instagram

とっておきグルメをお届け

about

半島は
日本の台所

ARCHIVE

「HANTO」の魅力をもっと詳しく!

日本全国に「HANTO」の
美味しい喜びをお届けします

「半島は日本の台所」

magazine links