半島は日本の台所

京都府

丹後半島

01
ここがイチオシ!
丹後半島

食べて泊まって堪能する水の都

日本のヴェネツィア「伊根(いね)舟屋(ふなや)

家屋とエメラルドに輝く海が一体になっており、各家庭のガレージ入っているのは自動車ではなく船! 「舟屋」と呼ばれる建物が湾に沿うように230軒ほど建ち並ぶ街があります。イタリアが誇る水の都のような風情をたたえる“日本のヴェネツィア”伊根の舟屋の魅力に触れれば、日々の忙しさの中で失われていた穏やかな気持ちをそっと取り戻すことができます。

舟屋の景色を一望
舟屋日和(ふなやびより)

京都の北端に位置する伊根町で海に浮かぶような建物・舟屋が軒を連ねるこの街の中心にあるのが複合施設「舟屋日和」。舟屋をイメージしたお店で獲れたての海産物を堪能したり、波の穏やかな伊根湾をぼ~っと眺めながらお茶をしたり、天気のいい日には外のベンチで海風を浴びながら地ビールを楽しむなんていうのも心地よい時間です。

一日一組の貸し切り
泊まりで舟屋を堪能

舟屋をリノべーションした”暮らすように旅する”をコンセプトとした宿泊施設「伊根舟屋ステイ海凪(みなぎ)」。一日一組限定の一棟貸しのこちらは、部屋のどこを切り取っても写真映えする大人の空間です。舟屋の宿の多くは、同じように一日一組限定スタイルなので、誰にも邪魔されることなく、家族や気の合う友人と静かに別荘感覚で舟屋体験ができます。

  • 伊根舟屋ステイ海凪の詳細はこちら
  • イネノソラGOHANへのアクセスはこちら

遊覧船や海上タクシーで巡る
エメラルドの海の世界

舟屋からの海景色を堪能したあとは、「重要伝統的建造物群保存地区」にも選定されている舟屋の景色を海の上から楽しむことができます。遊覧船、海上タクシーでめぐる遊覧は、波がほとんどない穏やかな景色と時間がゆったりと流れ、どこか懐かしいような安らぎを感じるはずです。

◀︎ トップページ
京都府丹後半島

次の記事を見る ▶︎

食べられる「徳利(とっくり)いか」