半島は日本の台所

鹿児島県

薩摩半島

03
ここがイチオシ!
薩摩半島

味の思い出も旅の醍醐味

眺望と楽しむ“タイムスリップの味”

旅行の楽しみは絶景だけではありません。“おいしい思い出”こそ旅の醍醐味。薩摩半島には風景を目の前で楽しみながら、ご当地ならではのグルメを食べられる場所が多く点在します。景色はもちろんのこと、当時にタイムスリップしながらお料理を楽しめるようなスポットを厳選してご紹介します。

本物の武家屋敷で食べる懐石風ランチ「知覧武家屋敷庭園」

薩摩半島 知覧武家屋敷庭園群

約270年前の江戸時代から現存している7つの武家屋敷と庭園「知覧武家屋敷庭園群」。国の名勝に指定され、大河ドラマ「西郷どん」のロケ地としても使用されました。京の文化にならった佇まいは「薩摩の小京都」ともいわれ、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような気分になれます。

若者たちが運んだ近代文明発祥の地「薩摩藩英国留学生記念館」

薩摩半島 薩摩半英国留学生記念館

1865年、西洋列強が国内に押し寄せている幕末時代。「西洋の技術を習得し、世界に負けない国づくりが必要だ!」と、薩摩藩に選ばれた19人の若者は国禁を犯して密航し、海外に渡りました。帰国後に彼らがもたらした文明は日本の近代化に大いに貢献。「薩摩藩英国留学生記念館」は旅のスタートラインであった港に建てられたものなのです。

  • 薩摩藩英国留学生記念館の詳細はこちら

発祥の地で食べる味は格別!「唐船峡そうめん流し」

新鮮な湧き水を利用し、一年を通して楽しめる「唐船峡(とうせんきょう)そうめん流し」は全国から多くの観光客が訪れる人気のスポット。昭和22年に旧開聞町の副町長が、洗濯機が回っているのを見たことからヒントを得て開発したと言われており、回転式そうめん発祥の地です。

  • 唐船峡(とうせんきょう)そうめん流しの詳細はこちら

◀︎ 前の記事を見る

鹿児島の新定番「フローズンしろくま」
トップページ ▶︎