半島は日本の台所

和歌山県

紀伊半島

02
ここがイチオシ!
紀伊半島

全国有数のまぐろ水揚げ港で厳選された“キハダ・ビンナガ”

「トロまぐろ×ぶどう山椒」の炊き煮

和歌山県の食文化に欠かせない魚のひとつが、まぐろ。全国トップレベルのまぐろ水揚げ量を誇る「那智勝浦漁港」の周辺には、まぐろの無人販売所が何カ所もあり、「中落ちトロ(ネギトロの元)」が1パック¥200〜¥300ほどの安価でパック売りしていたりと、地元の人にはおなじみの“まぐろスポット”なんです。そんなまぐろの名産地で、もとは仲卸業だった「紀南水産」が作る特産品が、プレミア和歌山(和歌山県優良県産品認定制度)にも選ばれた「まぐろ山椒とろ炊き」です。DHAがたっぷり含まれた高タンパク・低カロリーな「まぐろのトロ」を中心に、ベストバランスで配合された様々な部位をじっくり炊き上げていく途中で、香り高い和歌山県産「ぶどう山椒」を合わせた、まさに“山海の合作”。山椒らしいピリッとした口当たりと鼻を抜けるフルーティーさに、醤油ベースのじゅわっとした肉感。さあ、お酒の準備はいいですか?

キハダ&ビンナガだから“トロ”でもヘルシー…目利きが厳選した至高の「那智勝浦まぐろ」

「まぐろ山椒とろ炊き」に使用されるのは、那智勝浦漁港産のキハダマグロとビンナガマグロの「トロ」部分。港に水揚げされた獲れたてのまぐろから、元仲卸業の“目利き”で厳選、仕入れ日ごとにもっともベストな配合を見出し、炊き上げているそう。キハダとビンナガは、トロでも脂がさっぱりしていて低カロリーだから、ダイエットに向いているのも嬉しいポイント。選ぶところから加工まで、まぐろを知り尽くしたメーカーだからこそ作れる、至高の一品なんです。

山椒らしい“辛味”と、柑橘類の“フルーティな香り”を添える「ぶどう山椒」

「まぐろ山椒とろ炊き」で、まぐろと対になる大事な素材が和歌山県産の「ぶどう山椒」です。名前の由来は、房なりで粒が大きい、その見た目。味の特徴は、山椒本来のピリッとした辛味と、食べたときに奥に広がるフルーティな香り。じつは山椒は柑橘類植物のため、フレーバーはぶどうより、みかん寄りです。その果実味が、大和煮のように炊かれた濃い味のトロまぐろに清涼感をもたらし、味わいをひとつランクアップ。ちなみに、ぶどう山椒自体も和歌山県有田川町の特産品として名高く、同町にある古民家カフェ「柑乃屋」では、“ぶどう山椒”料理の数々を味わえます。

『ZIP!』で紹介され全国区に…おつまみにもおかずにもなる“食卓の万能選手”

そのまま食べても美味しい「まぐろ山椒とろ炊き」は、お酒やご飯と合わせたときの“マリアージュ”で真価を発揮します。地元の人が飲み合わせでおススメしてくれたのは、“本州最南端の酒蔵”こと和歌山県・尾崎酒造で醸造されている「太平洋」。少し甘みのある日本酒とまぐろ煮を合わせたら、無限ループ間違いなし。醤油ベースの味つけ+ぶどう山椒の香りと辛味は飽きがこないので、毎日の食卓で万能に活躍してくれます。朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)に紹介されてから、東京・有楽町のアンテナショップ(上の写真下)や通販で人気に火がついたそう。まずは1パック、お試しあれ!

  • 「まぐろ山椒とろ炊き」
  • ・容量/150g
  • ・賞味期限/4か月(保存は常温で開封後は要冷蔵)
  • ・価格/¥648
  • 詳細はコチラ

「まぐろ山椒とろ炊き」を3名様にプレゼント!

今回ご紹介した「まぐろ山椒とろ炊き」を合計3名様にプレゼントします。以下のリンク先で応募要項をご覧いただき、ふるってご応募ください。

◀︎ 前の記事を見る

「#濃ゆ〜い」が合言葉“フルーツの台所・わかやま”

次の記事を見る ▶︎

GI「和歌山梅酒」が世界に誇る、味わい強さ