半島は日本の台所

和歌山県

紀伊半島

01
ここがイチオシ!
紀伊半島

夏以降の旬は桃→ぶどう→柿→みかん→いちご…

「#濃ゆ〜い」が合言葉“フルーツの台所・わかやま”

ユネスコ世界遺産にも登録されている巡礼ルート「高野参詣道」、関西有数のリゾート地「南紀白浜」…日本有数の観光スポットを抱える和歌山県で近年、ヘルシー志向の女性に注目されているのが、県内各地域で丁寧に育てられている、種類豊富で芳醇なフルーツの数々。生産量の多さと、一年を通して常に県内産のフルーツが旬を迎えていることから、「フルーツ王国」を標榜しています。8月でいえば、桃・ぶどうの最盛期。そして秋以降は、柿→みかん→いちごと、メジャーなラインナップが続きます。人気の秘訣は、徹底的な水分管理による“濃ゆ〜い”味わい。車で紀伊半島地域を散策すれば、あちこちに直売所やフルーツ狩りができる農園。さらに、最新ご当地スイーツ「わかやまポンチ」も見逃せません。日本が誇る「フルーツの台所」へ、“おこし”!

日本最大級の青果市場から“即席露店”まで…直売所巡りで「推し農家」を発見

めっけもん広場

和歌山県で直売所といえば、なんといっても国内最大規模を誇る「めっけもん広場」(紀の川市)。上の写真は、7〜8月に旬を迎えた桃の売り場。関西地区を中心とした県外からも、旬のフルーツを買い求める人々が押し寄せます。こうしたファーマーズマーケットが県内には約90カ所ほどあるうえ、農家さんたちが倉庫などを開放して穫れたての旬フルーツを不定期に開く“即席露店”も点在。農園沿いの道をドライブ中、“のぼり”にビビッときて立ち寄ってみたら、人生最高の味に…なんて出会いがあったりと「農家指名」もブームです。美味しいフルーツに出会うコツは、ずばり天気。収穫直前に雨が降ると、果物が水を吸って味の濃さが損なわれるため、天候によって出荷時期も調整されるそう。それでは、「推し農家」探しに行きましょうか。

  • 「めっけもん広場」
  • ・住所/和歌山県紀の川市豊田56-3
  • ・営業時間/9:00−17:00
  • ・休み/毎月第1火曜
  • 詳細はコチラ

“もぎたてシャインマスカット”はさらに格別!「フルーツ狩り」でも聖地です

有田巨峰村
いちご

せっかくフルーツ目当てに和歌山を訪れたら、収穫体験もしておきたいところ。今の時季なら8月〜9月に旬を迎える、ぶどう狩りがおススメ。“フルーツのメッカ”有田川に沿って山間に広がる有田川町には、「有田巨峰村」「千葉フルーツパーク」という、2大観光農園があります(写真・上)。収穫できるのは、甘みが濃厚な巨峰に、女性に大人気のシャインマスカット。もちろん、もぎたてぶどうの芳醇さは、格別です! もうひとつ、和歌山のフルーツ狩りで見逃せないのが、いちご。有田郡・御坊市・紀の川市はじめ県内各地に観光農園があり、大型バスで訪れるいちご狩りツアーも組まれているほど。全国的にみれば生産量は多くはないものの、「まりひめ」(写真・下)という“現地に来ないと食べられない”レア品種が人気を集めています。まりひめの特徴は、酸味少なめ甘みが強く、大粒なこと。いちごは普通、濃厚になれば酸味も増しますが、まりひめが増すのは甘みだけ。旬は12〜2月で、「藤桃庵」(紀の川市)という専門店で冬季限定販売される、まりひめのジェラートも絶品です。

新名物「わかやまポンチ」は季節×お店で“味わい無限大”…県外にも拡大中

わかやまポンチ

いま和歌山が県をあげてブランド化に取り組んでいるのが、新しいご当地スイーツ「わかやまポンチ」。条件はシンプルで、
(1)和歌山県産梅の甘露煮やシロップ漬けなど、“梅加工品”を使っていること
(2)和歌山県産のフルーツを1種類以上使用していること
(3)和歌山県産の梅およびフルーツの使用について説明書きがあるなど、消費者等にそれらの使用が認識できる工夫がなされていること
の3つだけ。あとは自由演技のため、ジュースタイプやゼリータイプ、パンケーキと組み合わせたもの、さらにお酒の入ったカクテルタイプまで、季節/お店ごとの違いを年中楽しめるんです。現在、県内では約30店で提供されているほか、大阪や神奈川のカフェ、東京では「近畿大学水産研究所 銀座店」でも味わうことができます。上の写真は「Nagisa Beer Dining シラハマ バーリィ」という、クラフトビールブランド直営レストランの「和歌山ポンチ(¥600)」。季節のフルーツと梅シロップ&県内産の梅の甘露煮が見事にマッチしているうえ、上に添えられたアイスクリームで味の変化も楽しめます。ぜひ“私だけのお気に入り”を見つけてみて。

  • 「Nagisa Beer Dining シラハマ バーリィ」はコチラ
  • 「サウスウエストカフェ」はコチラ
  • 「パティスリークスギン」はコチラ

◀︎ トップページ

次の記事を見る ▶︎

「トロまぐろ×ぶどう山椒」の炊き煮