半島は日本の台所

京都府

丹後半島

03
ここがイチオシ!
丹後半島

全方位から楽しむ天への架け橋

日本三景「天橋立(あまのはしだて)

松島、宮島、そして、国内で卓越した景勝地とされる日本三景のひとつである「天橋立」。龍が天から舞い降りるような”飛龍観”と呼ばれる景色が広がる「天橋立ビューランド」、山頂から龍が勢いよく天に昇る”昇龍観”と呼ばれるパノラマ景色を一望できる「成相寺」、天橋立のふもとに位置するパワースポット「元伊勢籠神社」などあらゆる方向から楽しめる天橋立はそれぞれに魅力があり、全く異なる顔を見せてくれます。

南側から臨む龍の姿
「天橋立ビューランド」

天橋立を南側で、しかもアクセス便利な駅近で見ることが出来るのがここ「天橋立ビューランド」。モノレールやリフトに乗って景色を楽しめるほか、「股のぞき」というスタイルで龍が空に昇る姿が拝める場所もあるんです。また遊園地も併設しているので、親子でも楽しめる施設です。

  • 天橋立ビューランドへのアクセスはこちら

北側からお茶して楽しむ
パノラマの景色「成相寺(なりあいじ)

室町時代に活躍した水墨画家である雪舟の『天橋立図』にも描かれている「成相寺」。北側の山頂にあるパノラマ展望台から季節によって変化する景色とともに、天橋立を一望できる場所。季節限定でカフェもオープンするので、お茶をしながら楽しめるのが特徴です。

天橋立のふもとのパワースポット
元伊勢籠神社(もといせこのじんじゃ)

天橋立のちょうど根元に位置する「元伊勢籠神社」。名前の通り、三重県の伊勢神宮とゆかりのある神社で、伊勢神宮に奉られる天照大神と豊受大神がこの地から伊勢に移されたという事から、元伊勢と呼ばれています。そのため、伊勢神宮同様にパワースポットとして人気がある神社です。

  • 元伊勢籠神社・眞名井神社へのアクセスはこちら

京都府丹後半島

◀︎ 前の記事を見る

食べられる「徳利(とっくり)いか」
トップページ ▶︎