半島は日本の台所

北海道

渡島(おしま)半島

02
ここがイチオシ!
渡島半島

北海道随一の老舗和菓子店が贈る、斬新な羊羹スイーツ

ドライ無花果(いちじく)×五勝手屋羊羹「(かい)/Re-Fruit」

渡島半島の檜山地方で、150年以上の歴史を持つ和菓子店「五勝手屋本舗」。筒状の赤いパッケージが目印の「五勝手屋丸缶羊かん」を目にしたことがある人も多いはず。今回ご紹介するのは、北海道随一の老舗和菓子店が仕掛ける「ドライ無花果」×「羊羹」を組み合わせた斬新なスイーツ。商品開発の裏側から気になる味についても詳しくご紹介していきます。

150年以上に渡り、地域で愛され続けている老舗和菓子店「五勝手屋本舗」とは

北前船の寄港地として、北海道の中でもいち早く栄えた江差町。関西の文化の影響を受けながら、独自の文化が花開きました。この地で明治以前より営業していた菓子商五勝手屋では、1870年に五勝手屋羊羹の製造を開始。北海道で栽培された豆と、北前船で運ばれた砂糖や寒天を使用して羊羹を作りました。基本的な製法は変わらず現在に受け継がれています。

創業以来、地域に密着した和菓子店として様々なお菓子を作ってきましたが、1936年には昭和天皇が函館に行幸した際のお土産として、五勝手屋羊羹が献上され、以来、北海道が誇る銘菓として多くの方に知られるようになりました。

代表商品である「五勝手屋丸缶羊かん」。四角いかたちの羊羹が一般的ですが、こちらの商品はなんと筒状。指を汚さず食べられる工夫として、1939年頃にこの形状が考え出されました。昔から変わらず小豆ではなく金時豆を使用しており、どこか懐かしさを感じる味わいの羊羹です。三越伊勢丹などの百貨店の店舗に入っている、全国の銘菓のセレクトショップ「菓遊庵」でも購入することができます。

「和菓子=古いもの」の概念を覆したいという思いからできた「回/Re-Fruit」

いま、若い世代が好むのはやはり”映える”スイーツ。現代においては「和菓子=古いもの」という印象になっているかもしれませんが、口にしたときに感じられる懐かしさや情緒は、和菓子の持つ大きな魅力の一つ。心をうるおし、ゆとりあるひとときを届けてくれる和菓子の美味しさを幅広い世代に知ってもらいたいという思いから、洋の素材を取り入れた商品開発を始めたそう。

そこで、まず目をつけたのがドライフルーツ。羊羹とドライフルーツは、水分量や糖度が似ているので、相性が良いのだそう。「ドライフルーツに羊羹をつめて、元のかたちに戻すのはどうか」というアイデアを思いつき、あんずやプルーンで試作を重ねました。

しかし、種を抜く工程が発生するフルーツだと、どうしても元のかたちにきれいに戻らない。そこで無花果で試したところ、見事成功。無花果のほどよい酸味とプチプチ感、甘く滑らかな羊羹のコンビネーションにより、今まで味わったことのない新しいものに仕上がりました。

「回/Re-Fruit」にはもう一つこだわった部分が。社長と30年前から付き合いのあるスリランカ出身の友人に、お菓子に合う香辛料を相談し、シナモンなど7種類の香辛料を調合。開発したオリジナルスパイスを無花果の表面にまぶすことで、より深みのある味わいを実現させました。

「回/Re-Fruit」の商品名やパッケージにも仕掛けが

乾燥し形が変わった無花果に羊羹を詰めることにより、再び元のかたちに戻すこちらの商品は、輪廻転生をイメージして「回/Re-Fruit」と名付けられました。また、回という漢字は、内側の「口」に羊羹、外側の「口」にドライ無花果が入っている、という意味合いも。

和菓子をいただくときはお茶を淹れたくなりますが、「回/Re-Fruit」は赤ワインとの相性が抜群。ホームパーティなどのお土産にもお勧めです。老舗和菓子店の思いが詰まった斬新なスイーツをぜひ一度味わってみてください。

  • 回/Re-Fruit(5個入り)2,268円(税込) ※日もちは製造後20日間
  • ご注文は電話またはFAXにて受付中。詳しくは こちら

「回/Re-Fruit(5個入り)」を3名様にプレゼントいたします

北海道随一の老舗和菓子店「五勝手屋本舗」が手掛ける、おしゃれな羊羹スイーツ「回/Re-Fruit」。贈り物にもおススメのこちらの商品を3名様にプレゼントいたします。下記応募要項をご覧いただき、ふるってご応募ください。

北海道渡島半島

◀︎ 前の記事を見る

至高の海産物は、渡島半島にあり。
北海道渡島半島

次の記事を見る ▶︎

記憶に残る「青の洞窟クルーズ」