半島は日本の台所

千葉県

南房総半島

01
ここがイチオシ!
南房総半島

田舎ビューと海風で"日常スイッチ"オフ

東京からいちばん近い「癒し先」

成田空港、東京ディズニーリゾート、アウトレットパーク…都心からのアクセスがよく、いつもたくさんの人でにぎわう大型施設を擁する千葉県。そんな千葉は東京のすぐ隣なのに、緑や海に囲まれ、自然豊かな風景にあふれた場所でもあるんです。今回は千葉の半島「南房総地域」をピックアップ。車や電車に一時間程度揺られて、たっぷり楽しんで帰る頃には、身も心も洗われたようにリフレッシュできるスポットを集めました。ちょっと仕事や人間関係に疲れたらフラッと訪れるのにぴったりな南房総、ぜひ次の週末に予定を入れてみては。

海を見ながらヨガやSUPが楽しめる「SEADAYS」

ヨガ

海まで歩いて30秒。そんな好立地にある複合施設が一つ目の逃避先。目の前に大海原が広がるここ「SEADAYS」は、ヨガスタジオ・SUPクラス・ランニングステーションなどのスポーツ施設とカフェが併設された館山市のおしゃれスポット。海風にあたりながらヘルシーな休日を過ごすことができる場所として、女性を中心に人気を集めています。朝からランニングで汗を流し、毎月限定のスムージーで栄養補給、海を眺めながらカフェでテレワークをして、夕日を眺めながらSUPをする…一日ここで過ごして帰るだけでも、日ごろの忙しさをリセットできるはずです。

お試し移住にもぴったり!おしゃれ田舎暮らし施設「Brown’s Field」

Brown’sField

ヘルシーな海カフェもいいけれど、自然いっぱいの山カフェも見逃せません。東京から2時間ちょっと、駐車場を抜けると突如現れるツリーハウスと古民家。辺り一面に広がる緑、土の匂い、鳥のさえずり、草木をさわさわと揺らす心地よい風、自然の恵みたっぷりのごはん…。日々の忙しい生活の中で、失われつつある五感が呼び覚まされるような感覚を味わうことのできる「Brown’s Field」。カフェ、宿、ワークショップなどが併設されたここは、まるで”田舎のおばあちゃんの家”に遊びに来たようなゆったりとした時の流れを感じることができます。

  • Brown’s Fieldへのアクセスはこちら

一日の終わりを極上のサンセットで…「岡本桟橋」

岡本桟橋

少し寂しい休日の終わり、「ああ今日もいい日だった、明日も頑張ろう」と思えるのはやっぱり夕日を眺める時。ここ「岡本桟橋」は通称「原岡桟橋」とも呼ばれ、夕日が美しい場所として人気を集めています。100年前に水揚げ場として作られましたが、現在はロケ地などにも使われるような人気の撮影スポット。昼間の青い海もいいですが、特に人が集まるのはロマンチックな夕日の時間帯。手前の砂浜でベストショットを待つ人も多いといわれています。


※価格などの情報は取材時のものです。

◀︎ トップページ

次の記事を見る ▶︎

「房総真鯛」と「黄金鯵」の茶漬け