半島は日本の台所

静岡県

伊豆半島

03
ここがイチオシ!
伊豆半島

実は意外!?な伊豆の甘い名物

味も見た目も絶品の「映えプリン」

「伊豆」といえば…温泉?海の幸?絶景? いいえ、それだけではありません。源泉から立ち昇る湯煙のように、伊豆半島各地にはご当地スイーツ「プリン」がいっぱい!その名も「IJP~伊豆の自慢プリン~」。20~30代の地元女性陣を中心に、約3か月にわたるリサーチの末、厳選されたのが「自慢プリン」たちです。
自慢されたら調べるしかない!ということで、中でも特に個性的な3種類を今回はご紹介。伊豆に行ったら湯めぐりだけでなく、プリン巡りも新しい楽しみ方としていかがでしょうか。

日本一深い海・駿河湾と同じ色の「深海プリン」

深海プリン

インパクト大なブルーのプリンは、沼津市にある日本一深い海・駿河湾をイメージして作られたというもの。地元の牛乳と卵を使用したプリン本体の上に、駿河湾深海の暗くなっていく様を表現したラムネ味の青いジュレが乗っていて、見た目も食感も楽しめる一品です。

  • 沼津深海プリン工房について・オンラインショップはこちら

牛乳瓶の形がレトロ可愛い「熱海プリン」

熱海プリン

静岡の温泉地としては外せない熱海にもご当地プリンが。熱海の吹き上げる源泉からヒントをもらったというプリンは、じっくり丁寧に蒸し上げることで固さとなめらかさのバランスが黄金比!塩分の多い熱海温泉にちなみ、塩が大好きなカバさんがトレードマーク♡昔懐かしい昭和レトロな熱海の街並みに溶けこむ、写真にも映えるデザインです。

  • 熱海プリンについて・オンラインショップはこちら

静岡の誕生日といえば「土鍋プリン」

土鍋プリン

本当にプリンなの…?と言いたくなるくらいの大きいプリンといえば下田市の「土鍋プリン」。その名の通り土鍋に入っていて、下田市近辺在住の方は誕生日ケーキの代わりにこのプリンを選ぶことも多いといいます。みずみずしいフルーツの下にはプリン、スポンジ、生クリーム、カスタードでボリューム満点。季節によってフルーツが変わるのも楽しめるポイント!

  • ケークスカノンについてはこちら

◀︎ 前の記事を見る

柑橘の祖先”たちばな”のジャム
トップページ ▶︎