半島は日本の台所

静岡県

伊豆半島

02
ここがイチオシ!
伊豆半島

柑橘の祖先”たちばな”のジャム

みかん、柚子、レモン…私たちが身近に食べている“柑橘類”は様々ありますが、その一番最初“日本の柑橘の原種”といわれているのが「橘(たちばな)」です。そのまま食べてもおいしいですが、沼津市の戸田(へだ)地域で育ったこの「橘」を使ったジャムがどんな食事にも相性がよく、絶品ともっぱらの噂!いうことで、今回はその魅力を調査してきました。

原材料は日本の柑橘の祖先である戸田産の「橘」

柑橘 橘
柑橘 ジャム

柑橘の祖先というのだから、大黒柱のようにドーン!と存在感を放つのかと思いきや、派生した子どもたちを見守るかのように、原種なのにとっても小さく控え目な見た目の「橘」。けれどそんな見た目と裏腹に、血糖値や血圧の上昇抑制、メタボリックシンドロームを予防するなどの効能があるともいわれ、まさに柑橘の母!これらの成分は抗酸化力が強いフラボノイドの一種「ノビレチン」と言われており、「橘」にはこの成分が他の柑橘系よりも多く含まれてます。

始まりは日露交流150周年記念交歓会!ロシア人をおもてなしするために作られた

たちばな香るジャム
ティータイム

この戸田産の「橘」を使用した見た目もおしゃれな「たちばな香るジャム」ですが、作られたきっかけはなんと“来日するロシア人をおもてなしするため”。実は現代に続く日露友好は“ロシア版ペリー”ともいうべきプチャーチン提督が静岡に訪れたことがきっかけで、今も関連イベントが静岡でよく行われ、多くのロシア人が来日しています。その最も大きいイベントの一つ、平成17年の日露交流150周年に合わせてこのジャムは開発されました。地場産品でのおもてなしとして、ロシアにゆかりのあるジャム入り紅茶=ロシアンティーにちなんで作られたものだったのです。

お湯に溶かして飲む、ドレッシングとして、お肉に漬け込む…使い方は自由自在!

たちばな香るジャム

そんな経緯もあり、ジャムといってもパンに塗るだけ、という感じではなく様々な用途に使えるのが「たちばな香るジャム」のいいところ。そのままお湯や紅茶に溶かして飲んだり、ドレッシングとしてお酢とオイルに混ぜて使ったり、お肉に漬け込むと柔らかく焼きあがる…と、とにかくアレンジ自在の優れもの。長寿の薬として漢方薬にも使われる成分も入っていることから、おいしく、いろいろな取り入れ方で続けるのが健康につながりそうな永く付き合いたい商品です。

  • 商品情報
  • 《たちばな香るジャムシリーズ》
  • たちばな香るジャム「たちばな」M〈90g〉¥720、L〈250g〉¥1,700
  • たちばな香るジャム「たちばなのマーマレード」M〈90g〉¥620、L〈250g〉¥1,400
  • たちばな香るジャム「たちばなとイチジク」M〈90g〉¥620、L〈250g〉¥1,400
  • 購入・詳細はこちら

たちばな香るジャム「たちばな」Mサイズを3名様にプレゼントいたします

今回ご紹介した『たちばな香るジャム「たちばな」』のMサイズを合計3名様にプレゼント。下記応募要項をご覧いただき、ふるってご応募ください。

◀︎ 前の記事を見る

ご利益総どり、パワースポットだらけ!

次の記事を見る ▶︎

味も見た目も絶品の「映えプリン」