半島は日本の台所

青森県

下北半島

02
ここがイチオシ!
下北半島

ライトアップされた光の蝶、防人の展望台、ザ・昭和な飲み屋横丁

港町の「粋な夜あそび」

本州最北の内海・陸奥湾に面する「むつ市」の市街地一帯では、大人を引き寄せる夜灯が魅力のひとつ。今回はその中から、3つの灯りをご紹介します。

もっとも有名なのは、「釜臥山(かまふせやま)展望台」からの夜景。その形から”光のアゲハ蝶”とも呼ばれる港町の灯りは、日本を代表する美しさを誇ります。また同市には、海上&航空自衛隊の施設が散在していて、艦艇の電灯装飾(コロナ禍につき現在休止中)や航空機・滑走路の灯りが、ひとつの夜景として密かな人気を集めています。そして、最後のひとつは変わり種。田名部(たなぶ)町にある田名部神社でおこなわれる例大祭を彩るライトアップされた山車(トップの画像1枚め)と、神社横丁のザ・昭和な飲み屋街です。灯りに引き寄せられる…という意味では、ネオンや赤ちょうちんも立派な夜景のひとつ。さあ大人同士、粋に夜遊びとまいりますか。

日本夜景遺産に認定された”光のアゲハ蝶”の羽ばたきを一望できる「釜臥山展望台」

青森イチの夜景といっても過言ではないのが、市街地から車で30分ほどの「釜臥山展望台」で見られる、“光のアゲハ蝶”〈写真・上〉。陸奥湾に面したむつ市の市街地がアゲハ蝶の双翼のような形をしていることに由来するこの夜景は、2004年に「日本夜景遺産」に選出されました。

降雪による落石や倒木の危険から冬期は道路ごと閉鎖されますが、例年6月上旬〜11月3日までオープン。もっとも人が集まるのは9月・10月で、1カ月あたり4,000人ほどの来客があるそう。2021年7月には、同市観光戦略課が企画して「七夕イベント」を実施。”下北(地域)で一番高いところから星に願いを”というテーマのもと、展望台の2Fに笹竹をはじめとする装飾をほどこし、アゲハ蝶形の短冊を用意したところ、市内の園児を中心にとても好評だったそう。

本州最北地域の高地という立地上、夏でも夜は涼しく、羽織りものを持っていったほうがベター。さらに同展望台では、市街地の飲食店で使える割引クーポンがもらえて二度美味しいので、むつ市にお越しの際は、お立ち寄りマストです!

※2021年8月9日の「むつ市・風間浦村豪雨災害」により、道路の安全が確認されていないため、2022年春まで閉鎖中

  • ●「釜臥山展望台」
  • ・住所/青森県むつ市大湊字釜臥山1
  • ・展望台開館時間/8:30〜21:30(8:30〜17:00は釜臥山頂上への遊歩道利用可)
  • 詳細はコチラ

海自艦艇を見渡す”光る展望台”に自衛隊グルメも…「北の防人大湊」エリア

戦前から海軍に縁の深い大湊地区は現在、「北の防人(さきもり)大湊」として整備されていて、むつ市の人気観光スポットのひとつ。このエリアには、国の重要指定文化財「旧大湊水源地水道施設」や海上自衛隊大湊地方隊の資料館「北洋館」をはじめ、建物自体がむつ市有形文化財に指定されている文化交流施設「弐番館」などが集まっています。そして自衛隊ファンに人気なのが、護衛艦など海上自衛隊の艦艇が見渡せる展望台「海望館」。この海望館自体も、夜はライトアップされる(上の写真)など、フォトスポットのひとつです。

自衛隊とのご縁は、大湊エリアにとどまりません。むつ市が今、ご当地グルメとして普及に力を入れているのが、海上&航空の自衛隊グルメ。海自グルメは、2017年に大湊地方隊で実際に提供されているカレーを再現するプロジェクト「大湊海自カレー」です。2021年10月21日現在、同市内で提供しているお店は7店あり、レトルトカレーや製パン企業とコラボしてカレーパン開発なども進められているそう。

もう一方の空自グルメは、2018年に大湊に在任する航空自衛隊第42警戒隊が実際に食べている味を再現するプロジェクトで「大湊Sora空っ!(=おおみなとそらから)」という鳥の唐揚げ(ご当地では空上げと表記)。こちらは現在、5店舗で提供されていて、各店舗で空自の味に忠実な「元祖」と、店舗オリジナルの2味が食べられます。

では、カレーと唐揚げのどちらも提供している2店をご紹介。
①駅前食堂
②Dining Bar 下北バル

ほかにも同市内には、明治41年に作られた「海軍割烹術参考書」のレシピをもとに現代に復元した「海軍カレー」、大湊が発祥といわれる「海軍コロッケ」を提供しているお店も。景色と食から、北の防人たちのあゆみに思いを馳せてみては。

  • ●「北の防人大湊 海望館」
  • ・住所/青森県むつ市桜木町3-9
  • ・開館時間/10:00〜20:00 ※夜間ライトアップは日没から21時30分まで
  • ・休み/12月31日、1月1日
  • 詳細はコチラ
  • ●大湊地区の施設一覧コチラ
  • ●「おおみなと海自カレー」コチラ
  • ●「大湊Sora空っ!」コチラ

田名部神社の脇には誘いのネオン…雰囲気も格別な昭和ノスタルジックな飲み屋横丁

むつ市田名部町の田名部神社で毎年8月18日〜20日におこなわれる例大祭、通称「田名部まつり」では山車5台が市内を練り歩きます。特に夜、ライトアップされた山車が行列する様子は壮観で、これを目当てにむつ市を訪れる人も少なくないそう(2021年は中止)。

そして、田名部神社のもうひとつの名物が、近辺の横道に飲み屋さんがひしめき合う「神社横丁」〈写真・上〉。その光景は昭和ノスタルジーそのもの。食事にも飲み歩きにも便利なこのエリアは旅情が相まって格別な気分です。グルメサイトはいったん閉じて、ふらっと惹かれるお店に入り、地元の人との一期一会を楽しんでみるのはいかが?

  • ●「田名部まつり
  • ・住所(田名部神社)/青森県むつ市田名部町1-1
  • 詳細はコチラ
  • ●神社横丁の飲食店コチラ
青森県 下北半島

◀︎ 前の記事を見る

「大間の本マグロ」
青森県 下北半島

次の記事を見る ▶︎

「海峡サーモン」をお取り寄せ