半島は日本の台所

山口県

室津・大島半島

01
ここがイチオシ!
室津・大島半島

古代、江戸、明治へタイムスリップ気分で

歴史さんぽをしてみませんか?

瓦屋根、白い壁、石畳…山口県室津半島の一部である柳井の「白壁の町並み」は江戸中期から明治にかけての面影が残り、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。1.7ヘクタールほどの小さな街並みのこちらにはカフェやお店が点在。また4世紀末から6世紀初めにつくられた巨大な前方後円墳は頂上まで登ることが可能です。「室津・大島半島」は、まるでタイムスリップしたような感覚で景色や食を存分に楽しめる地域なんです。

江戸から明治を練り歩く
“白壁の町並み”

白壁塗りの土蔵に、アジアの伝統的な勾配(こうばい)屋根の形式の一つである入母屋(いりもや)造りの屋根、そして石畳と懐かしい日本の雰囲気を味わうことのできるのが、ここ柳井の「白壁の町並み」。かつて商港都市として発展した海に近いこの地では、商売を営んでいた家々の佇まいが残っています。また、名物となっている「金魚ちょうちん」が軒先でゆらゆらと揺れている様子はなんとも言えない風情があります。

  • 白壁の町並みへのアクセスはこちら
  • 柳井市町並み資料館へのアクセスはこちら
  • 佐川醤油店へのアクセスはこちら

“白壁カフェ”のはしごで
ご当地メニューを堪能

女子旅、または一人旅だって途中のカフェタイムは欠かせないものです。ここ白壁の町並みにもおいしい本格コーヒーからランチ、ご当地スイーツまで揃うカフェがあります。風情ある街並みの中でその土地ならではのものを味わう時間はまた格別です。

  • フジヤマコーヒーロースターズ本店&やない白壁出張所へのアクセスはこちら
  • やないろへのアクセスはこちら

美人になって恋が叶う!?
柳井の3大パワースポット巡り

瀬戸内海が一望でき、朝日や夕陽が最高にきれいな「茶臼山(ちゃうすやま)古墳」、恋愛成就の仏様である愛染明王に向かって紙飛行機を飛ばす「普慶寺(ふけいじ)」、お寺の井戸水を飲むと美人になるという「湘江庵(しょうこうあん)」。柳井近隣にはパワースポットが3つもあり、すべて車で回れる近距離なので巡ってリフレッシュするのもおすすめです。

◀︎ トップページ
室津・大島半島 山口県

次の記事を見る ▶︎

「月でひろった卵」